生産者規定

1.放牧地(

①放牧地面積1㌶当たり、成牛換算2頭まで。
    (成牛1頭→育成牛1歳では4頭、2歳では2頭とする。)
②牧区はできる限り区切らない。
  (1牧区を広くし、牛群の自由行動確保のため。)
③化学肥料・薬品類(除草剤・殺虫剤等)は一切使用しない。
④酸性矯正の石灰投与(貝殻やくず石灰等)は積極的な使用をする。
⑤草生はシバ主体草地がベストではあるが、要するに充分に草を食える環境整備をする。又、シバの混生を妨げてはならない。
⑥原則として昼夜放牧、厳寒期のみ昼間放牧。(冬も昼夜放牧が最良)

2.受精・出産・哺乳(

①種付けは主に雄牛による自然交配であるが、人工授精でも可。産哺乳(受精卵移植やクローン、遺伝子操作などは絶対に不可。)
②発情異常等は自然回復を待ち、ホルモン等、薬品に頼らない。
③分娩は厳寒期以外は原則として、放牧地での自然分娩とするが、分娩房があれば室内でも可。
④仔牛の哺乳は原則として全乳哺乳とする。自然哺乳ならベストである。
  (脱脂粉乳、人工乳、その他代替飼料等も不可。)
⑤牛乳出荷は出産後10日以上経ったものでなければならない。

3.管理・その他(

①素飼料は100㌫自給が前提である。夏場は放牧地の草を中心に、補食にも草を使用、冬場はサイレージと乾草だが、デントコーンは作らない。
(農薬使用が前提となる事、種子が輸入で毎年多額になるため。)
②濃厚飼料は成牛1頭、日量5kg迄とし、安全に配慮を欠くものは使わない。
③田野畑では冬場の海産副産物のワカメクズ等の給与はミネラル補給に良。v ④平均泌乳量を1頭/5000kg(日本のそれは8500~9000kg)迄とする。
⑤薬品及びビタミン、ホルモン剤その他の混合飼料を絶対投与しない。

4.治療(

①一般薬品投与→5日間乳肉出荷禁止。
②抗生物質投与→10日間乳肉出荷禁止。

5.採草地(

①放牧地、採草地、及び使用する圃場に薬剤使用地は認めない。
②化学肥料は元肥又は追肥として、年1回のみ記録使用可。
③主に有機質肥料での生産が原則。
④酸性矯正はⅠの放牧地の④に準ずる。
⑤放牧地と採草地の草種をハッキリと区別。
⑥成牛換算1頭に対し最低20㌃なくてはならない。
⑦冬越草量の収穫減に対し、購入素飼料に頼らず、牛の減頭で対処する。
⑧灌水は放牧地、採草地とも大いに良し。
追 記
  冬越し素飼料の確保は基本的であり、成牛1頭/10㌧±10%(生草換算)必要とした前提で考察した。
  また、田野畑村の冬越しは11月中旬~5月中旬までの6ヶ月であることが前提である。