山地(やまち)酪農とは?
購入方法
交通アクセス
Q&A
お問い合わせ
農場通信「まき」
フォトギャラリー
志ろがねの牧
くがねの牧
やまちブログ
 

 

● 田野畑山地酪農牛乳とは
● 日本の山地酪農の呼称について
● 生産者規定
● 山地酪農牛乳の目指すところ




 ●田野畑山地酪農牛乳とは

  1年中、乳牛を牧山(放牧地)に放牧して、主に乳牛の自分の生きる力により、自然な営みの中から生み出された、自然に最も近い牛乳です。
  乳牛の放牧は、草食の動物としての本領を発揮し、又自然な営みの場を与える事で、群でも個でも、生命力溢れる乳牛に生まれ変わって参ります。
  放牧地の広大な面積を本当に生かす山地酪農は、大地もそこに生える草も、乳牛もそして人間にも、関わるもの全てに活力と生命力を与えてくれます。

 外国産の飼料や薬品に依存しない、ここの大地と太陽と雨の恵みに依存する農業本来の酪農としての産物であるこの山地酪農牛乳が、皆様方の食卓に並び、ご家族の笑顔の前にいられる幸せを思う時、限りない歓喜の念が湧いてまいります。
  広大な牧山の第一の管理者としての乳牛が、四季を通して放牧されている風景は、まわりの森の緑、草の緑と、心地好いカウベルの響きが相まって、芸術的絵画のように見るものに安らぎを与えてくれます。日本の野草の王様「シバ」が主となり、静かに優しく大地を包み、真夏の猛暑でも、台風の大雨でも、しっかり大地を守り、乳牛の栄養になっているのは頼もしい限りです。山地酪農牛乳は、まさにそんな四季の移ろいが生きている牛乳なのです。



 ● 生産者規定

1.放牧地 (解説
@放牧地面積1f当たり、成牛換算2頭まで。
    (成牛1頭→育成牛1歳では4頭、2歳では2頭とする。)
A牧区はできる限り区切らない。
  (1牧区を広くし、牛群の自由行動確保のため。)
B化学肥料・薬品類(除草剤・殺虫剤等)は一切使用しない。
C酸性矯正の石灰投与(貝殻やくず石灰等)は積極的な使用をする。
D草生はシバ主体草地がベストではあるが、要するに充分に草を食える環境整備をする。又、シバの混生を妨げてはならない。
E原則として昼夜放牧、厳寒期のみ昼間放牧。(冬も昼夜放牧が最良)


2.受精・出産・哺乳 (解説
@種付けは主に雄牛による自然交配であるが、人工授精でも可。産哺乳(受精卵移植やクローン、遺伝子操作などは絶対に不可。)
A発情異常等は自然回復を待ち、ホルモン等、薬品に頼らない。
B分娩は厳寒期以外は原則として、放牧地での自然分娩とするが、分娩房があれば室内でも可。
C仔牛の哺乳は原則として全乳哺乳とする。自然哺乳ならベストである。
  (脱脂粉乳、人工乳、その他代替飼料等も不可。)
D牛乳出荷は出産後10日以上経ったものでなければならない。


3.管理・その他 (解説
@素飼料は100l自給が前提である。夏場は放牧地の草を中心に、補食にも草を使用、冬場はサイレージと乾草だが、デントコーンは作らない。(農薬使用が前提となる事、種子が輸入で毎年多額になるため。)
A濃厚飼料は成牛1頭、日量5kg迄とし、安全に配慮を欠くものは使わない。
B田野畑では冬場の海産副産物のワカメクズ等の給与はミネラル補給に良。
C平均泌乳量を1頭/5000kg(日本のそれは8500〜9000kg)迄とする。
D薬品及びビタミン、ホルモン剤その他の混合飼料を絶対投与しない。


4.治療 (解説
@一般薬品投与→5日間乳肉出荷禁止。
A抗生物質投与→10日間乳肉出荷禁止。



5.採草地 (解説
@放牧地、採草地、及び使用する圃場に薬剤使用地は認めない。
A化学肥料は元肥又は追肥として、年1回のみ記録使用可。
B主に有機質肥料での生産が原則。
C酸性矯正はTの放牧地のCに準ずる。
D放牧地と採草地の草種をハッキリと区別。
E成牛換算1頭に対し最低20eなくてはならない。
F冬越草量の収穫減に対し、購入素飼料に頼らず、牛の減頭で対処する。
G灌水は放牧地、採草地とも大いに良し。

追 記
  冬越し素飼料の確保は基本的であり、成牛1頭/10d±10%(生草換算)必要とした前提で考察した。また、田野畑村の冬越しは11月中旬〜5月中旬までの6ヶ月であることが前提である。



 ● 山地酪農牛乳の目指すところ

 私たちの命の営みは、太陽と地球の微妙な関係に支えられており、また良きも悪しきも全てを同等に深くその懐に受け止められております。宇宙の現象を日々意識して過ごしてはいませんが、愚か者が核実験をしてもサリンをまいても、民族を飢餓に追い込んでも善良な民と全く同じに太陽は微笑み、大地は受け止めています。これは生きとし生けるものにとって究極の愛(アガペ)だと思います。
  私たちは自分達の牛乳だけが売れればよいとは毛頭考えてはおりません。農業の基本である創造生産から遠ざかるのみの現実をただただ悲しく思っております。
  そして、20年来力を合わせ、笑顔で汗し、助け合ってきた仲間達も水より安い牛乳を搾りながら、次第に自信も誇りも失いつつあるのも現実なのです。
  牛乳に限らず、百姓が世の中に食糧を供給する事は人間愛、人類愛の行為であり、地球上に飢えている人がいる限り、続けなければならないし、続ける使命があると思います。
  実はそんな農民を支えているのは皆さん一人一人です。山地酪農牛乳を通じて、物の流れだけでなく、心の流れも作って行きたいと願っています。