山地(やまち)酪農とは?
田野畑山地酪農牛乳
購入方法
交通アクセス
Q&A
お問い合わせ
フォトギャラリー
志ろがねの牧
くがねの牧
やまちブログ
 

 

 平成8年4月に田野畑山地酪農牛乳ができてから、ほぼ毎月、通信を出してきました。手書きに始まり、ワープロ、パソコンと変化しています。
  この「まき」に、山地酪農牛乳を通して山地酪農への思い、人と人との関わり、生きる事とは何か…様々な思い事を伝えていきたい、そして私たち農家とお客様とがただの生産者と消費者ではなく、顔の見える関係を大切にしていきたいと思ってきました。
  私たちの伝えたい思いがこもっています。(No.31・52は欠番です)

 手書きにより、キャプチャした画像(JPEGファイル)で掲載致しますので、多少読みにくい箇所があると思いますが、予めご了承ください。
 ※ファイル容量は1枚、約100KBとなっております。

 


平成19年 (2007年)

番号
日付
主な内容
7月3日

・第8回盛岡地区交流会、皆様に応援を受ける中 盛会裏に終了。
・『報徳の人』二宮尊徳扇に学ぶ シリーズ54
・志ろがねの牧より愛を込めて(牛舎への道路が変わった、ビーフジャーキーが出来ました)
・公太郎通信「子どもの時から」
・恭次通信 「北海道で学ぶ〜これが肉体労働〜」

8月6日

・第11回牧山交流会くがねの牧)のご案内
・『報徳の人』二宮尊徳扇に学ぶ シリーズ55
・公太郎通信「当たり前の生活が出来る有難さ?」
・恭次通信 「中標津での実習」
・5月25〜27日ご来訪のMFさん手記より
・三重県農業高校3年生KS君・手記より

9月10日

・第11回牧山交流会盛会裏に終了
・『報徳の人』二宮尊徳扇に学ぶ シリーズ56
・公太郎通信「イジメられた中学時代」
・恭次通信 「何よりも大切な体」

10月1日

・『報徳の人』二宮尊徳扇に学ぶ シリーズ57
・公太郎通信「大地の贈り物」「愛情は、心を裕福にする」「高校時代の人間関係」「2年の酪農実習を終えて」
・恭次通信 「我が家のトイレ」

     

平成16年 (2004年)

番号
日付
主な内容
No.70
1月1日
No.71
2月2日
No.72
3月2日
No.73
4月2日
No.74
5月5日
田野畑山地酪農牛乳への道E
くがねの牧通信「大雪」
・志ろがねの牧より愛を込めて
いよいよ春だ!!/我が家にも春?/春の足音
『報徳の人』二宮尊徳扇に学ぶシリーズ9小田原候、金次郎に桜町領復興を命ずる
No.75
6月9日
田野畑山地酪農牛乳への道F
くがねの牧通信「危機一髪」
『報徳の人』二宮尊徳扇に学ぶシリーズ10いよいよ桜町に着任
・志ろがねの牧より愛を込めて
大脱走/順調な夏場でありますように/頑張らねば?
No.76
7月1日

田野畑山地酪農牛乳への道G
くがねの牧通信「危機一髪2」
第7回現地交流会
・志ろがねの牧より愛を込めて
草不足?/作業機の故障とお陰様
『報徳の人』二宮尊徳扇に学ぶシリーズ11いよいよ桜町に着任

No.77
8月4日
田野畑山地酪農牛乳への道H/第7回現地交流会ご案内
くがねの牧通信「取材」
『報徳の人』二宮尊徳扇に学ぶシリーズ12桜町仕法の初期@
・志ろがねの牧より愛を込めて
エンジュの立ち枯れ/七夕と悪夢と/お天道様が恋しい/両親の来訪
No.78
9月5日
No.79
10月6日
No.80
11月6日
No.81
12月1日


平成15年 (2003年)
番号
日付
主な内容
No.58
1月1日
No.59
2月4日
No.60
3月4日
No.61
4月1日
No.62
5月5日
田野畑山地酪農牛乳生産者規定及び解説3
くがねの牧通信「奇跡の生還@」
・志ろがねの牧より愛を込めて
牛たちの春、そして心の春/親ばか日記実習を終え、そしてまた実習へ】、【春が来た!使者到来/おふくろ的農場考
牛乳のお取り扱いについてのお願い/日本テレビ系放映のご案内
No.63
6月3日
田野畑山地酪農牛乳生産者規定及び解説4
くがねの牧通信「奇跡の生還A」
・志ろがねの牧より愛を込めて
【酪農家としての喜び/大自然が相手】、【先人の苦しみ/お天気と草の回復、元気が出ます
No.64
7月3日
田野畑山地酪農牛乳生産者規定及び解説5
くがねの牧通信「奇跡の生還B」
お知らせとお願い
・志ろがねの牧より愛を込めて
小2雄志の作文】、【ワールドカップサッカー?/ブヨ、アブと気温の高さが乳牛の敵
No.65
8月2日
第6回現地交流会のお知らせ/くがねの牧通信「奇跡の生還C」
牛乳のお取り扱いについてのお願い
田野畑山地酪農牛乳生産者規定及び解説6
・志ろがねの牧より愛を込めて
ギャラクシー選奨受賞のTVI遠藤隆さん、本当におめでとう!そして本当にありがとう・皆様本当にありがとう!/旧パックと山崎文子さん、本当にありがとう!/中古の機械達よ!頑張ってオクレ
No.66
9月3日
No.67
10月4日
No.68
11月4日
No.69
12月1日


平成14年 (2002年)
番号
日付
主な内容
No.58
1月1日
No.59
2月4日
No.60
3月4日
No.61
4月1日
No.62
5月5日
田野畑山地酪農牛乳生産者規定及び解説3
くがねの牧通信「奇跡の生還@」
・志ろがねの牧より愛を込めて
牛たちの春、そして心の春/親ばか日記実習を終え、そしてまた実習へ】、【春が来た!使者到来/おふくろ的農場考
牛乳のお取り扱いについてのお願い/日本テレビ系放映のご案内
No.63
6月3日
田野畑山地酪農牛乳生産者規定及び解説4
くがねの牧通信「奇跡の生還A」
・志ろがねの牧より愛を込めて
【酪農家としての喜び/大自然が相手】、【先人の苦しみ/お天気と草の回復、元気が出ます
No.64
7月3日
田野畑山地酪農牛乳生産者規定及び解説5
くがねの牧通信「奇跡の生還B」
お知らせとお願い
・志ろがねの牧より愛を込めて
小2雄志の作文】、【ワールドカップサッカー?/ブヨ、アブと気温の高さが乳牛の敵
No.65
8月2日
第6回現地交流会のお知らせ/くがねの牧通信「奇跡の生還C」
牛乳のお取り扱いについてのお願い
田野畑山地酪農牛乳生産者規定及び解説6
・志ろがねの牧より愛を込めて
ギャラクシー選奨受賞のTVI遠藤隆さん、本当におめでとう!そして本当にありがとう・皆様本当にありがとう!/旧パックと山崎文子さん、本当にありがとう!/中古の機械達よ!頑張ってオクレ
No.66
9月3日
No.67
10月4日
No.68
11月4日
No.69
12月1日


平成13年 (2001年)

番号
日付
主な内容
No.45
1月15日
No.46
2月5日
No.47
3月12日
No.48
4月2日
No.49
5月9日
シリーズI今の時代‐山地酪農の意味
くがねの牧通信「私の11ヶ月(実習生)」
貴重な2年間をありがとう(吉塚都記)
・志ろがねの牧より愛を込めて
陽春の候/牧山から春をお届け
No.50
6月11日
シリーズJ今の時代‐山地酪農の意味(原料的要因
くがねの牧通信「ペット」
・志ろがねの牧より愛を込めて
良きご縁、そして良き詩/大変お騒がせしました】、【クマにやられた
No.51
7月9日
シリーズK今の時代‐山地酪農の意味
くがねの牧通信「夢に向って(実習生)」
・志ろがねの牧より愛を込めて
旧暦に見る先人の知恵/友の会の方々感】、【奇妙な出で立ち/遅ればせながら、サイロ詰め開始
No.52
   
No.53
8月3日
No.54
9月3日
No.55
10月3日
No.56
11月5日
No.57
12月4日


平成12年 (2000年)

番号
日付
主な内容
No.33
1月3日
No.34
2月1日
No.35
3月1日
No.36
4月1日
No.37
5月1日
くがねの牧通信
きた道・ゆく道
・志ろがねの牧より愛を込めて
卒業シーズンを迎えて/運転手さんありがとう!】、【訃報来る
No.38
6月5日
シリーズA今の時代‐山地酪農の意味
くがねの牧通信
・志ろがねの牧より愛を込めて
4月/すこーしづつ春】、【無限の可能性考
No.39
7月10日
くがねの牧通信
シリーズB今の時代‐山地酪農の意味(創造性、安定性、拡大性)
・志ろがねの牧より愛を込めて
盛岡地域第2回交流会について】、【春の幸せ/授かった子供・作った子供
No.40
8月1日
現地交流会日程決まる/シリーズC今の時代‐山地酪農の意味
50歳の旅立ち(花田陽子)
・志ろがねの牧より愛を込めて
農場の1ページ】、【梅雨近し?/6歳、雄志の夢の旅
No.41
9月4日
No.42
10月9日
No.43
11月6日
No.44
12月4日


平成11年 (1999年)
番号
日付
主な内容
No.21
1月1日
No.22
2月1日
No.23
3月1日
No.24
4月1日
No.25
5月10日
田野畑にも遅い春が来た
くがねの牧通信
No.26
6月1日
田野畑山地酪農牛乳とは?/くがねの牧通信
第3回現地交流会日程決まる!
No.27
7月2日
カイの大冒険
くがねの牧通信/現地交流会
No.28
8月6日
「自分に出来る精一杯ということ」
くがねの牧通信
No.29
8月30日
No.30
10月1日
No.31
11月1日
・今年も気がつけば紅葉
・山地酪農を実践して(1)熊谷隆幸

No.32
12月1日


平成10年 (1998年)
番号
日付
主な内容
No.12
1月9日
No.13
2月1日
No.14
4月3日
No.15
5月8日
No.16
6月8日
猶原恭爾博士著「日本の山地酪農」C(山地酪農の主要要因)
夏から冬へ?
No.17
7月24日
牧山(放牧地)について
山地酪農牛乳の温度管理についてのお願い/今、思う
No.18
9月14日
第2回現地交流会行われる!
都内一部で9月より学校給食に参加!!
No.19
10月27日
「日本の山地酪農」D(開拓勤労精神)
秋になっても天候不安定/インターネット開設!
No.20
12月14日


平成9年 (1997年)
番号
日付
主な内容
No.4
1月1日
No.5
3月11日
No.6
4月30日
No.7
6月8日
No.8
7月11日
山地酪農と生産効率B
サイロ詰め開始
No.9
8月22日
山地酪農と生産効率C
志ろがねの牧から愛を込めて
No.10
9月29日
山地酪農と生産効率D
志ろがねの牧から愛を込めて
No.11
12月12日
'97よ!さらば


平成8年 (1996年)
番号
日付
主な内容
No.1
9月22日
No.2
11月10日
No.3
12月16日
さようなら'96年
・パックが開けにくいゾ!/