~田野畑山地酪農牛乳ができるまで~

【田野畑山地酪農牛乳ができるまで】

酪農を求めて東京農大畜産学科に行き(18才)、直ぐに挫折。
希望を無くしている時に猶原恭爾(なおはらきょうじ)博士との出会いから
山地酪農の素晴らしさを知りました(20才)。

今から日本酪農を救うのはこれだ!と直感し、
直ぐに徹底的に学び、人生を捧げる決意をしました。

1974年卒業と同時に4期先輩の熊谷隆幸さんを頼りに田野畑村に移住。
(私が実習する一年前に山地酪農に切り替えて、ご自分の山林25haで山地酪農を開始)

熊谷さんで一年間実習の後、先生の指導を得ながら、
77年に四苦八苦の開拓山地酪農を開始。

79年(28才妻22才)栄養失調で救い主と結婚。

ランプ生活10年ののち電気導入(87年:35才)。

開牧15年目頃に幼馴染が遊びに立ち寄り、
「吉塚、この牧場いくらで買った?」と聞かれ、
以前からの農場に見えていることに感動。

開拓にほぼ成功している実感を得た。

しかし経営は絶望的。

継続が危ぶまれたころテレビ岩手の遠藤隆ディレクターとのご縁で、
今ならプライベートブランドの応援ができると。

隆幸さんを中心に研究会の会合を開き、
取り敢えず熊谷と吉塚で山地酪農牛乳をやってみろ、と言うことになった。

パックのデザインを遠藤さんの紹介で
山崎文子氏にボランテイアでやっていただけることになった。

最高のデザインに感謝。

1996年4月1日から田野畑山地酪農牛乳がみなし法人ではありましたが
正式に発足となったのでした。

テレビ岩手遠藤様の応援と、
テレビのお陰でスムーズに販売を展開でき、
考えられない発展を遂げる。

お陰様で一家離散せずに済みました。

牛乳が持っている説得力のお陰で、お客様がお客様を生んで下さる。
いわゆる口コミで販路拡大していったのも大きい。

そして現在、牛乳をはじめ、
多くの商品をお客様に提供できるまでになりました。

感謝です。

吉塚 公雄

カテゴリーBlog

2 Replies to “~田野畑山地酪農牛乳ができるまで~”

  1. 映画「山懐に抱かれて」を見てきました。今、千葉県から陸前高田市に単身赴任中(前職場は市川市、鎌ケ谷市の隣の松戸市)。私が初めて田野畑村を訪ねたのが昭和57年8月。千葉大医学部の先輩である将基面誠先生に会いに田野畑村診療所を訪問。昨年夏には家内と、今年1月には診療所のスタッフと田野畑村に行きました。厳しい自然のなか大変ですが、これからも美味しい牛乳を生み出して下さいね。応援しています。
    映画も笑いあり、涙ありで、感動しました。「いただきます」の場面も良かったです。

  2. こんばんは、先日山懐に抱かれてを見てきました。本当に最後の日でした。私の夫は田野畑出身です。でも山路酪農の場所は余り詳しくないと言われ、ガッカリしました。詳しく聞きたかったのに、私は映画を見ながら何度(涙)を流したか。今度田野畑に帰った時に連れて行って貰いたいです。牛乳やヨウグルトはいつも買って飲んでました。皆さま御体をお大事になさって下さいね☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です