~『日本の山地酪農』創始者  猶原 恭爾(なおはら きょうじ)博士 (理学博士)とは?~

【日本の山地酪農・創始者】

・1965年(昭和40年)日本の草地社会(養賢堂より、当時出版)
・1966年(昭和41年)日本の山地酪農(養賢堂より、当時出版) 岡山県高梁市出身
・東北大学理学部卒(植物社会生態学者)
・財団法人資源科学研究所研究員
・国立科学博物館植物研究部研究官
・1971年以降 山地酪農指導に専念

当初は草地の生態学的研究を土壌安定に応用。
それを踏まえ1941年からは酪農への応用研究を開始し、
荒川河川敷・堤防の野草地にて治水を兼ねての放牧実践研究。

それまで牧野の荒廃の指標とされ排除された我が国在来の、
「シバ」に真の積極的意義を見出し、
本命の日本の山地に着眼。
その豊かな潜在エネルギーの開放を志し、
新たな価値観による「山地(やまち)酪農(らくのう)」を創始。

(急傾斜地を含む日本の山地でのシバ主体の混生野草地での完全無農薬、
昼夜放牧を中核に据え、乳牛の本性を最大限に生かす酪農)
{大宇宙、大自然の力を生かし切る風土に根ざす酪農の体系}

自らの10年間に及ぶ放牧実践研究を踏まえ、
各地の酪農家に理論・実践指導に当たる。

実生活では1955年頃より食養の考えも取り入れ、
日本人の食文化として無農薬の
玄米、麦、粟、稗、豆等雑穀類、根菜類、海藻類等海産物の
重要性についても再認識し、
良質牛乳の適量摂取の大切さと合わせて、
酪農指導の中においても言及した。

~一般の牧場と何が違うの?~

【一般酪農と田野畑の山地酪農との違い」

山地酪農の特徴には、農業の基本にあるべき、
「土から創造的に生産する牛乳と牛肉」と云う、
実に基本中の基本があります。

輸入穀物飼料や化学肥料、農薬(サプリメント含む)など
殆ど相手にしていません。

現行の畜産では輸入穀物や化学肥料・農薬が無くては、生産できない形です。
簡単に言って、原料輸入加工型畜産なのです。

山地酪農では面積と頭数を規定しています。

これは山を荒らさないで安定生産するための必須条件です。

山の力を育て、ここの自然をフル活用することで、
乳牛がいる限り永遠に続けられる基礎なのです。

また乳牛が自らの能力で判断して、日々の生活を営むことも、
普通の酪農の考え方とは全く違います。

更に牛乳の生産量を増やすことを考えない、
自然のままで良しとすることも、牛の健康長命を願うからです。

しかも今の段階では牛も草も土地も、
化学力に関係ない物を買うことはできません。

ですから全てを自力で調達する以外に、
本当に良い物を用意することはできないのです。

そこを妥協することなく、
徹底的に守っていることも、山地酪農の力です。

草食動物の乳牛は、群れで生活し、群れで自然な動物的営みを行います。
自然交配自然分娩もその為です。

牧山の草種が二ホンシバを中心に、
素晴らしく多いのも山地酪農ならではです。

四季の草は酪農先進国もうらやむほど沢山あります。

林の木々の葉など、自由に思うように活用でき、
本来の森林の動物として生き生きと生活を楽しんでいるのです。

理念としては、牛も草も土も、そしてそれの恩恵を受ける人間も、
どこにも何年やっても支障がないばかりではなく、
広大な山地酪農の牧山には、見る者触れるものに、
何とも言えない感動を与えてくれます。

精神衛生的にも人間に寄与してくれるのです。

吉塚 公雄

~山地酪農って?~

『山地酪農は新規異質の農業である』
今まで日本にはなかった形の農業であり、
これに取り組む事は新規事業を創業することと同様の力が必要とされる。

耕地化不可能な山地急傾斜地に牧柵を巡らし乳牛を放ち、
山林を切り開き、シバを移植していく。
乳牛と人間の共同作業で牧山(放牧地)を作る。

傾斜山地を草地にし、
そこに乳牛を放牧し「牛乳」という価値の高い食料を生産する。

誰も気づかず、誰も取り組んだ事のない正に異次元の農業である。

安易に取り組めない相当の覚悟がいる事業であり、
完成までに20年を要するとも言われている農法である。

また、山地酪農の管理運営は多岐にわたる。
搾乳や育成など、牛の健康管理、牧山の掃除刈り、
牧柵の修理、採草地の草地管理、トラクター、搾乳機等の機械や経理管理等々、
多方面で総合的管理能力が要求される。

しかし、山地酪農には安定・永続・繁栄の農家(農業)を
実現することができるメリットもあり、
農業の本文である、
無(機物)から有(機物)である食料を創造生産することができる農業でもある。

平成26年10月寄稿
熊谷 隆幸(平成27年68才にて没)

シバを食む

放牧地は夏場、シバが生い茂り、緑がステキな牧山となります。そこで白黒のホルスタインが『ムシャムシャ、バリバリ』とシバを美味しそうに食うのです。この山と牛がおいしそうにシバを食べる姿を見るとき、私たちは「山地(やまち)酪農」を続けてこられた事に幸せを感じます。そして山が年々素晴らしくなるのを見ながら感動してしまいます。20年30年という長い時間をかけて、木を切り、牧柵を回し、牛を放し、シバを植え…そして今このような山になった事、牛がおいしそうにシバを食べている・・・感動します。

母牛と子牛

出産後から母牛の乳が牛乳に出せるようになるまで(成分が安定するまでは検査に出している)、子牛は母牛の乳を飲みたいときにのみ、一緒に放牧地を歩きます。人間もそうですが、子牛もやっぱり母が大好きなんですね。いつも一緒について回ります。この牛の姿も本当にかわいいものです。